お金を出せない時の債務整理方法

借りていたお金を返済できなくなってしまい、債務整理を考えているけれど、お金がかかりそうなので、ためらっている人も中にはいるでしょう。

特に債務整理というのは、お金がなく、返済が不可能な状態ですることが多いため、何十万もかかる弁護士や司法書士の費用を、一度に払うのは難しくもあります。

そのような時は、分割で支払うこともできる事務所に頼むこともできますし、法テラスの民事法律扶助を利用することもできます。

債務整理の扉というサイトに詳しくは期しあされています。この民事法律扶助というのは、一時的に費用を負担してもらえる制度で、収入が一定基準以下の人に適用されます。一時的な物ですので、後で少しずつ返済して行きます。しかし債務整理の方法によっては、お金をかけずに済む方法もあります。

それが特定調停です。特定調停は弁護士や司法書士を通さず、自分で裁判所に申し立てを行い、手続きを進める方法で、経費は1万円もかかりません。

方法としては、調停委員会を通じて返済額を決め、金額が決まったら調書を作ってもらい、それに従って分割返済して行きます。調停のために定期的に裁判所に行く必要がありますが、一番費用がかからない方法です。ただしこの方法を採った場合は、調停中であっても、取り立ての電話が来ることがあります。

弁護士や司法書士に依頼すると、受任通知を債権者側に送ってくれるので、それで取り立てが止まるのですが、特定調停の場合はそれがありません。ですから調停が終わるまでは、電話やがかかって来たり、督促状が来たりするということがあります。