自己破産は悲惨だ!!

私は20代の頃親が経営する会社に努めていました。
後継者として入社したのでどんどん昇格し、給料もバンバン上がりました。ですので、ある時期までは俗にいうボンボンというヤツでした。
しかし、ある理由から会社を辞めることになり収入がピタッと止まってしまいました。
その時の預金は金遣いの荒い私でも1000万程度はあったので暫くは貯金を切り崩して生活しようと思いました。
しかし、会社を辞めた時期に子供ができていたのが判明。
貯金を切り崩しながらゆっくり仕事を探そうと思っていましたが、そうもいかなくなりました。
この頃の貯金の額は800万円ほどになっていました。
仕事を探し何社も面接しましたがどこにも採用されず、悩んだ結果自分で店を持つことにしました。
フランチャイズの飲食店を開業しようと自己資金と銀行から700万円を借り入れ合計1500万円を投資し、大型スーパーのフードコートに店を開くことが出来ました。
しかし、まともに売上があったのは最初の2ヶ月で、その後はお客様が激減し赤字経営が続きました。
資金のやりくりに困った私はサラ金に手を出し自転車操業をする日々が続いたのです。
そのような状況で上手くいくわけもなく結局2年ほどで閉店に追い込まれました。その後はアルバイトしながら借金を返済していました。生活費もままならない状態に嫁は愛想を尽かせ子供を連れて出ていきました。それでも借金はまだまだ減りません。途方に暮れた私はどうしようもなくなり自己破産という道を選ぶことにしました。とはいえ弁護士さんに支払うお金もなかったので法テラス(弁護士費用を貸してくれる機関)でお金を借り、自己破産ができました。しかし、借金がなくなったのは良いのですがクレジットカードは作れない、携帯電話は買えない、ローンは組めない。シャイ敵信用がどん底まで落ちてしまったのです。
携帯は母親の名義でなんとか持つことができました。車はローンを組めないので現金一括払いでなんとか買いました。(維持が大変なので先日売却しましたが)
クレジットカードがないと格安スマホも契約できなければネットで契約する自動車保険も入れません。
自己破産から5年から7年で破産の経歴は消えるようですが、まだ2年しか経っておらず、まだまだ先は長いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です